治療法

当院での痔の治療は、保存的治療外来手術日帰り手術・に分けられます

保存的治療とは坐薬と内服薬で治療します。

外来手術とは局所麻酔で簡単に短時間で手術を行うことです。

日帰り手術とは全身の術前検査を行い、昼より仙骨ブロック 麻酔及び静脈麻酔にて
 少し眠って手術を行います。そして夕方に帰宅します。

肛門疾患とその治療

1内痔核 肛門の奥の静脈がうっ血して膨らんだもので、出血を伴う事がある。(保存的治療)

脱出を伴う内痔核や、出血が頻回にあるもの (ジオン注による硬化療法)
または (日帰り手術)

「ジオン注による硬化療法とは脱出を伴う内痔核にジオン液(硬化剤)を注入して痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして粘膜に癒着・固定させる治療法です。」

2内外痔核 内痔核から肛門周囲にかけて、静脈の塊が加わったものです。(保存的治療)

気になったり、不快に感じるときは (日帰り手術)
基本術式は3箇所の結紮切除術ですが、最近は、大きな痔核のみ切除し小さい痔核はジオン注を行うようになりました。

3脱肛 内外痔核が容易に出てくる様になったもので、ひどい場合は全周に脱出するものもあります。

手術は内外痔核と同じく脱出した痔核の3箇所前後の結紮切除術です。
(日帰り手術)
4血栓性外痔核 肛門周囲の皮下の静脈内に血液が固まったもので急に腫れて痛みを生じる。
主に(保存的治療)

痛みが強い時や大きい場合は (外来手術)

5かんとん痔核 血栓性外痔核が多数できて肛門の半周から全周に及ぶもので、腫れと痛みが
ひどい。主に(保存的治療)

発症して数日以内であれば、(日帰り手術)が可能です。

6肛門小窩炎 肛門と直腸の境にある肛門小窩に、炎症が生じたもので肛門に不快感を感じます。(保存的治療)
7肛門周囲膿瘍 肛門と直腸の境に開口する肛門腺に感染が起こり、肛門周囲に膿の溜まりができたもの、痔ろうの初期にあたります。
 (外来手術)
にて切開排膿術を行います。
8痔瘻 肛門周囲膿瘍が原因で、肛門の中から外へとトンネル化したものです。浅く直線的な単純痔瘻と、深部に入り込んだ深部痔瘻があります。また多発したり、複雑に枝分かれした複雑痔瘻があります。 (日帰り手術)
慢性化した重症な深部複雑痔瘻おいては入院できる施設へ紹介する場合もあります。
9裂肛 便秘などで肛門が切れたもので、痛み、出血が出現します。(保存的治療)
10肛門狭窄 裂肛が慢性化したり肛門の手術が原因で狭くなります。(保存的治療) 

ひどい場合は指も入らないほど狭くなります。(日帰り手術) 

手術法は軽度の場合は内括約筋切開術。重症の場合は肛門上皮を移動させて肛門を拡張させる術式になります。

11肛門ポリープ 肛門と直腸の境にある肛門乳頭が繊維の塊となって腫大したもので(外来手術)。巨大になったものは(日帰り手術)
12皮膚痔 肛門下部の皮膚が腫れてタルミが出来たもの。気にならなければ放置、
気になれば (外来手術)
13直腸粘膜脱 直腸の粘膜が肛門の外へ脱出したもの。痔核や脱肛と同じ手術法でジオン注を追加することもあります。 (日帰り手術)
14肛囲湿疹 肛門の周りに皮膚炎を生じた物でかゆみを伴うことがある。原因として排便後のふきすぎやカンジダ症など。(保存的治療)
15尖圭コンジローム ウィルスによる感染症で、性病の1つです。肛門の周囲にイボ状のものができ放置すると急速に増大します。

初期感染時は最近塗り薬が発売されました。肛門全周にわたるひどいものは
(日帰り手術)
でイボ状のものを焼却します。
16直腸脱 肛門の括約筋がゆるみ、直腸の粘膜が脱出してきたもの。
軽い場合は (日帰り手術)

脱出が(7cm以上)のひどい症例では入院できる施設へ紹介します。

17毛巣洞  肛門の後方に痔瘻に似た瘻こうを形成し、中に毛髪を認めます。
(日帰り手術)

症例

症例1 脱肛
 手術前 手術直後 
   

症例2 脱肛
 手術前 手術直後 
   

症例3 複雑痔瘻
 手術前 手術直後 
   

コンテンツ

スタッフ